省エネ対策

お使いのエアコンの冷媒は「R22」ではないですか?

「R22冷媒」は、2015年より入手が困難になります。

10年以上前のエアコンは、HCFC(R22)冷媒が主流です。この冷媒には、オゾン層を破壊する成分が含まれているため生産量が大幅に規制されており、2020年には実質全廃となります。

 特に2015年以降は品薄状態や価格高騰により、「エアコンが故障しても、すぐに修理できない」ことが予想されます。

環境のため、省エネのためにも、エアコンの入れ替えをご検討ください。

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから。